ハワイのバケーションレンタル・貸別荘・ハワイリゾート情報のポータルサイト

サイトマップ 運営会社情報

トップページ > お役立ちコンテンツ > 愛犬と一緒にバケーションライフ 愛犬とキャンプを楽しむ

メイン画像 愛犬と一緒にバケーションライフ 愛犬とキャンプを楽しむ

ハワイでバケーションレンタルを利用する人の多くがひと月かそれ以上の長期滞在。海の見えるコンドミニアムやビーチハウスで現地に暮らす人々と同じような生活をゆっくりと満喫しますが、都会暮らしだけではわからないハワイの自然をもっと味わうためには、滞在中にキャンプ泊するのがおすすめです。
特に愛犬と一緒にハワイにレンタルバケーションに訪れている皆さんには、大自然の中で愛するペットを自由に遊ばせてあげることができるキャンプは格別に楽しい思い出となることでしょう。
今回はハワイで愛犬とキャンプを楽しむ方法をご紹介いたします。

ハワイでキャンプをする魅力…

キャンプ場にもよりますが、多くのビーチキャンプが全面オーシャンビューになっていて、ビーチに泊まるのでサンライズもサンセットも見放題。一方で山のキャンプ場は緑深い森の中。晴れた夜にはテントから頭を出せば万点の星空を独り占めできます。
もちろんホテル宿泊などと違って24時間愛犬と一緒です。

ハワイでのキャンプ準備

バケーションレンタルのシステムを利用している皆さんのほとんどがハワイ滞在中ずっとレンタカーを借りていると思いますが、キャンプに行くのにはタクシーやUberではなくレンタカーがマストアイテム。キャンプ中の荷物整理や急な買い出しにもすぐに行けるし、トラブル発生時にすぐ移動して逃げることも可能です。
また、ハワイの公共キャンプ場で寝泊まりするには「宿泊許可証」が必要。州管轄か市郡管轄かによっても取得方法が異なりますが、最近ではWEB予約が可能なところも増えています。レンタカーの手配と同時に許可証の取得も事前にしておきましょう。

ハワイでのキャンプ持ち物

日本からテントや寝袋を持っていくキャンパーも少なくないようですが、キャンプをハワイ滞在の主な目的としていないレンタルバケーション派の皆さんの場合は、現地でレンタルするのが一般的。
調理器具などはバケーションレンタルの部屋から持ち出すとして、肉や野菜はキャンプ場近くのスーパーマーケットで買ってから向かいましょう。なお、ハワイのキャンプ場の水は飲めないので、ミネラルウォーターは多めに買っておくのがおすすめ。
夜の肌寒さにも対応できるよう防寒着も必需品です。愛犬のためにブランケットやホッカイロも用意しておいて、必要に応じて使い分けを。
ウェットティッシュやトイレットペーパーなどは愛犬と同じものが使えるので、これも多く持って行きましょう。

ハワイでキャンプをするときの注意点

スコールの多いハワイでは、突然の雷や豪雨が珍しくありません。テントに落雷する恐れもあるので、雷が鳴ったらすぐに避難できる場所を確保しておきましょう。
また、ビーチキャンプ場では特に、海を目の前にテントを張るのを楽しみにしている人が多いと思いますが、テントを海から近すぎる場所に張るのはおすすめできません。テントを止めるペグが砂浜だとすぐに抜けてしまううえ、海風がダイレクトに当たって睡眠時の邪魔になったりするためです。
さらに、ビーチや公園に滞在しているのはキャンパーだけとは限りません。ホームレスが寝泊まりしていることもあるので、キャンプ中は周囲の様子に常に気を配りましょう。

ハワイドッグ
そもそも「コンドミニアム」とは? オススメバケーションレンタル アロハサーフ 詳しくはこちら バケーションレンタルが可能なコンドミニアム情報 バケーションレンタル体験談
トップへ戻る