ハワイのバケーションレンタル・貸別荘・ハワイリゾート情報のポータルサイト

サイトマップ 運営会社情報

トップページ > お役立ちコンテンツ > ハワイアクティビティを楽しむ 今、注目のハワイ島はここがスゴイ!!

ハワイアクティビティを楽しむ ハワイアクティビティを楽しむ 今、注目のハワイ島はここがスゴイ!!

今、注目のハワイ島はここがスゴイ!!

オーナーのいるハワイのコンドミニアム(リゾートマンション)や一戸建ての別荘などを、オーナー不在の際に借りて滞在することを「バケーションレンタル(レンタルバケーション)」と言います。欧米人や何度も渡航経験のある日本人の方には既におなじみの滞在スタイルで、特に比較的長期の滞在をされる方には、費用を抑えつつ、まるで暮らすように自由度の高いステイができると人気です。
ハワイの島々のうち、バケーションレンタル(レンタルバケーション)が最も盛んなのは、観光やビジネスの中心であるオアフ島ですが、マウイ島やハワイ島などのいわゆるネイバーアイランドでもバケーションレンタル(レンタルバケーション)は可能です。
それぞれが異なる個性的な魅力を持ったハワイの島々。今回は、その中から手つかずの豊かな美しい自然とノスタルジックな街並みが素晴らしいハワイ島の魅力を、現地のバケーションレンタル(レンタルバケーション)事情ともにご紹介します。

ハワイ島でのバケーションレンタル(レンタルバケーション)

シュノーケリング(Snorkeling)

ハワイ島のバケーションレンタル(レンタルバケーション)向け物件は、ビーチを始めとする美しい島の自然と隣り合うかのような立地が何よりの魅力です。そこでは、刻一刻と表情を変える自然とともに目覚め、一日を過ごし、そして眠りにつく、そんな滞在が叶います。面積が広大なためレンタカーは必須ですが、島内全体に道路網が整備されており、観光や買い物のための移動には困りません。よそ行きでない素顔のハワイと触れあいながら、南国のゆったりとした時の中でのんびりと、気ままな滞在を楽しむのにハワイ島でのバケーションレンタル(レンタルバケーション)はぴったりです。ご興味のある方は、インターネットで検索すると、専用の日本語サイトがたくさん見つかりますので、チェックされてみるとよいでしょう。

バケーションレンタル(レンタルバケーション)先としてのハワイ島の魅力

●2016年12月、日本発の直行便登場シュノーケリング(Snorkeling)2016年12月、ハワイアン航空が東京・羽田空港からハワイ島への直行便の就航をスタートさせました。西海岸にあるコナ(カイルア・コナ)空港までのフライト時間は約7時間20分。これまではオアフ島のホノルル空港で乗り換え、ハワイ島へと向かうルートしかなかったことを考えるとグッとアクセスしやすくなりました。

 

●西海岸にある充実のリゾートエリア 島の西海岸は、日本からの直行便が到着する西海岸の街、コナ(カイルア・コナ)を中心に、ホテルやショップ、レストラン、ゴルフ場などが揃うアイランドリゾートエリアです。滞在先はバケーションレンタル(レンタルバケーション)用の一戸建やリゾートマンションに、食事や買い物、各種アクティビティはこれらのリゾート施設で、という風に快適かつ便利なハワイ島ステイを楽しめます。

 

●大自然を満喫出来る、数々の観光スポット 島を代表する自然のスポットといえば、キラウエアやマウナ・ケア、マウナ・ロアなどの火山群。それらの火山では、今なお噴煙を上げる迫力の火口を眺めたり、山頂で満点の星空や輝ける日の出を鑑賞したりして楽しめます。その他、イルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムツアーや絶景の中での乗馬ツアーなど、人々と自然が近いこの島ならではのネイチャーアクティビティが人気です。

 

●ハワイ島ならではの風景やスポットも多数火山島ならではの、砕けた溶岩の黒砂が積もる海岸や火山由来の鉱物によるオリーブ色の砂の海岸。西海岸・コハラコーストのピンク色のサンセット。吉本ばななの小説にも登場するアメリカ最南端の地で、古代ハワイアンが「死者の旅立ちの地」と考えた絶景の聖地、サウスポイント(カ・ラエ岬)など、他の島々では見られない珍しい風景もたっぷり。ハワイ島でのバケーションレンタル(レンタルバケーション)中には、ぜひ訪ねてみてください。

 

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

そもそも「コンドミニアム」とは? オススメバケーションレンタル アロハサーフ 詳しくはこちら バケーションレンタルが可能なコンドミニアム情報 バケーションレンタル体験談
トップへ戻る