ハワイのバケーションレンタル・貸別荘・ハワイリゾート情報のポータルサイト

サイトマップ 運営会社情報

トップページ > お役立ちコンテンツ >「コンドテル(ホテルコンド)」とは

ハワイアクティビティを楽しむ コンドミニアム生活を盛り上げる 「コンドテル(ホテルコンド)」とは

ハワイでバケーションを過ごすのなら、旅行会社が手配するホテルに宿泊するのが定番だったのはひと昔前のこと。長期バカンスを楽しむならば、バケーションレンタルを上手に使うのも賢い方法です。

宿泊のあり方が多種多様化している今、新たな注目を集めているのが「コンドテル(ホテルコンド)」。今回は、そんなコンドテル(ホテルコンド)についてご紹介します。



※こちらの情報は変更になる場合もございます

コンドテル(ホテルコンド)って?

「コンドテル」とは、コンドミニアムホテルを略した言葉です。物件のオーナーが、ホテル運営会社に管理・運営を委託しているコンドミニアムのことを指します。簡単に言えば、ホテルとして運営されるコンドミニアムのことです。日本では、「分譲ホテル」と呼ばれています。

コンドテル(ホテルコンド)保有のメリット

家賃収入が得られます

 

例えばコンドテルの一室を購入した場合、自分(物件オーナー)が使わない期間は、ホテルとして一般に貸し出されます。ホテル稼働率と面積に応じた家賃収入を得られるシステムなので、投資目的で購入される方もいます。

コンドミニアム、ホテル、リゾート会員権のいいとこ取り!

 

コンドテルは、バケーションをリゾートで楽しむ手段である、コンドミニアム(リゾートマンションまたは別荘)、リゾートホテル、リゾート会員権のいいとこ取り。前述のとおり、建物や部屋の管理はホテル会社に委託しているので、自分で管理・修繕する煩わしさがありません。また、ホテル宿泊やリゾート会員権と違って家賃収入が見込めますし、譲渡が可能です。

貸し出し中の破損は、ゲスト負担

 

貸し出し中の部屋の備品の破損などは、基本的にゲストが弁償することになっているので、安心です。

コンドテル(ホテルコンド)オーナーが気をつけたい点

コンドテルによって、かなり規定が違います

 

例えば、「長期滞在不可」など滞在期間に縛りがあったり、管理会社はホテル指定の管理会社に決まっていたり、それぞれに異なる規定があるので、購入前に確認が必要です。

 

宿泊には事前予約が必要

 

ホテルとしても運用されているので、ご自分が所有されているコンドテルであっても宿泊の際には事前の予約が必要になります。

 

基本的には所有物を置けません

 

物件のオーナーでも、部屋に自分の所有物を保管することが基本的には出来ないのがコンドテル。その理由は、(オーナー不在時に)ホテルの部屋として一般に貸し出すから。たまのレジャーで訪れる際は、手ぶらで来たいと思っても荷物を置いておけないデメリットがあります。どうしても荷物を置きたい方は、一部オーナー専用エリアがある物件をお探しになると良いでしょう。

ハワイのコンドテル(ホテルコンド)

築年数に左右されない不動産価値

 

ハワイの物件は、ロケーションや、リフォームとメンテナンス状況が重視されます。また、人気の高いオアフ島内のコンドホテルであれば、土地の利用が制限されていることも相まって高い資産価値も期待出来るのだとか。

 

ハワイコンドテルの一例
アストン・ワイキキ・サンセット
アストン・アット・ザ・ワイキキバニヤン
アクア・スカイライン・アイランド・コロニー
アクア・パシフィック・モナーク
アラモアナ・ホテルコンド
ルアナ・ワイキキ・ホテルコンド
リージェンシー・オン・ビーチウォーク
トランプ・インターナショナル・ホテル&タワー・アットワイキキビーチウォーク
ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ

そもそも「コンドミニアム」とは? オススメバケーションレンタル ハワイアン・モナーク 詳しくはこちら オススメバケーションレンタル アロハサーフ 詳しくはこちら バケーションレンタルが可能なコンドミニアム情報 バケーションレンタル体験談
トップへ戻る