ハワイのバケーションレンタル・貸別荘・ハワイリゾート情報のポータルサイト

サイトマップ 運営会社情報

トップページ > お役立ちコンテンツ > ハワイアクティビティを楽しむ マリンスポーツ

ハワイアクティビティを楽しむ ハワイアクティビティを楽しむ マリンスポーツ

マリンスポーツ

ハワイといえば青い海や白い砂浜、リゾート地にもビーチがつきものです。
ハワイでのマリンスポーツに憧れているという人も多いのではないでしょうか。
コバルトブルーの海とパウダーシュガーの砂浜や、日本では出来ないマリンスポーツの数々に魅せられリピーターもとても多いといわれています。

シュノーケリング(Snorkeling)

シュノーケリング(Snorkeling)

シュノーケリングは年齢や性別を問わず、幼児からお年寄りまで楽しめることや、誰かに教えてもらわなくても簡単にはじめられることが特徴です。 特にファミリーに人気が高く、メジャーな海水浴場にはフィンやシュノーケルの有料レンタルショップのワゴンがあることが多いです。
シュノーケルを装備して、浅瀬をのぞいてみましょう。

シーウォーカー(Sea walker)

シーウォーカーは宇宙飛行士のようなヘルメットをかぶって、地上から酸素を送ってもらいながら海底を散歩するマリンスポーツで、年齢を問わず楽しむことが出来るスポーツです。また、すっぽりとヘルメットで覆ってしまうので顔に水が触れることが無いためメイク崩れの心配や眼鏡を付けたままでも楽しめることが魅力の一つです。

スキューバダイビング(Scuba diving)

ハワイの海は透き通った青さ、その透明度の高さで知られています。
海中には色鮮やかなサンゴ礁が広がり、様々な熱帯魚や海の生き物に出会えることでしょう。
特にウミガメはハワイの人々の守り神ともされている神聖な生き物としてクローズアップされ、ウミガメや熱帯魚のビュースポットなどもあります。


ハワイの海で出会える生き物たち(一例)
・Honu(ホヌ/ウミガメ)
・Mano(マノ/オヤピッチャ)
・Hinalea(ヒナレア/クギベラ)      
・Weke, Oama(ワケオアマ/アカヒメジ)
・Uhu(ウフ/ブダイ)
・Taape(タアぺ/ヨツスジダイ)
・Papio(パピオ/シマアジ)

フィッシング(Fishing)

フィッシングとは「釣り」のこと。 特にトローリングのボートやクルーザーでマグロやカジキ、また最近ではスリリングなシャーク・フィッシング(鮫釣り)も注目を集めています。
ボートの上から暮れなずみ夕陽や、ダイアモンド・ヘッド等ハワイの名所や風景をのんびりと眺めるのも素敵です。

ウィンドサーフィン(Windsurfing)

ウィンドサーフィン(Windsurfing)

ハワイはウィンドサーフィンのメッカといわれています。
元々は穏やかな風に乗って楽しむことが多かったウィンドサーフィンですが、ハワイでは貿易風とビッグウェーブを利用してスリリングなプレイが人気です。 カイルアビーチ等では波が穏やかなこともあり、初心者の方でも自分のペースで楽しむことが出来ます。

ジェットスキー(Jet ski)

ジェットスキーは日本では船舶免許が必要ですが、ハワイでは16歳以上であれば免許は必要ありません。
ジェットスキーを操って水面を駆け抜ける体験はきっと最高に興奮すること間違いなしです。

バンパーチューブ(Bumper Tube)

ドーナツ型のバンパーチューブにつかまってボートに引かれながら波の上を飛んだり跳ねたり、エキサイティングなマリンスポーツがバンパーチューブ・ライドです。
伏せた状態でチューブにつかまってのプレイですので、より波を間近に感じられる迫力満点のマリンスポーツです。

パラセイリング(Parasailing)

広がる青い空と広い海を最大限に楽しめるのがパラセイリング。
海面を滑るボートに引かれてハワイの空をパラシュートで遊覧してみましょう。
肌をなでる風は心地よく、空から見るハワイの景色は絶景です。

マリンスポーツのお役立ちアイテム
マリンスポーツのお役立ちアイテム

番外編:ハワイ留学を楽しむちょっとしたコツ
ハワイでマリンスポーツを楽しむ際に持っていくとおすすめなのはタオルや日焼け止め。
出来るだけ荷物にならないように、お金は必要最小限の金額だけをもっていって、普段の財布は持参しない方が無難です。
また、アクセサリー類もマリンスポーツをする際は外していきましょう。

そもそも「コンドミニアム」とは? オススメバケーションレンタル ハワイアン・モナーク 詳しくはこちら オススメバケーションレンタル アロハサーフ 詳しくはこちら バケーションレンタルが可能なコンドミニアム情報 バケーションレンタル体験談
トップへ戻る